メンバー

大岩 剛一 Oiwa Goichi

大岩剛一建築家。東京生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了。

ナマケモノ倶楽部」世話人。「(有)ゆっくり堂」役員。成安造形大学付属近江学研究所 客員研究員。

1977~99年まで東京で建築設計事務所を主宰、住宅・店舗を中心とする設計活動に従事。95年から環境NGO「マングローブ植林行動計画」のメンバーとしてエクアドル北西部沿岸地域、ベトナム南部でマングローブ保全のための研修・宿泊施設建設計画に携わる(~98年)。

98年、滋賀県の成安造形大学に赴任、芸術学部教授として教鞭をとる一方で、仰木地区の里山や琵琶湖のヨシ群落をフィールドにして活動(2013年3月退任)。99年からは環境文化NGO「ナマケモノ倶楽部」のメンバーとして、持続可能な社会に向けた住環境のあり方をテーマに活動する中でストローベイル・ハウス(通称「わらの家」)に出会う。2001年より「藁」と「スロー」をキーワードに、住の見直しと新しいライフスタイルの創造を視野に入れたスローデザイン研究会を主宰、わらの家の研究と普及に努める。

著書に絵本『わらの家』(インデックス・コミュニケーションズ、2006)、『草のちから藁の家』(共著、INAX出版、2000)、『スローなカフェのつくりかた ~暮らしをかえる、世界がかわる~』(共著、自然食通信社、2009)、『ロスト・シティ・Tokyo ~忘れられた風景からの都市論~』(清流出版、1995)他。

大岩剛一の講演活動>>

カイル・ホルツヒューター Kyle Holzhueter

ホルツヒューター・カイル Kyle Holzhueter1977年、アメリカ合衆国ウィスコンシン州生まれ。2000年、米国アイオワ州Luther College 大学卒業。2003年、オーストラリアCrystal Waters Ecovillage にてパーマカルチャーデザインコースとエコビレッジデザインコース終了。2004年、オーストラリアCrystal Waters Ecovillage にてパーマカルチャー講師コース終了。2006年、米国ペンシルベニア州Slippery Rock University 大学院博士前期課程終了。2010年、日本大学大学院生物資源科学研究科生物環境科学専攻、博士後期課程終了。研究テーマは「ストローベイル建築の温湿度環境と壁内湿気対策」。

スローデザイン研究会のメンバーとして「カフェスロー」「カフェぶらぶら」「原っぱカフェ」「おかげさま市場」「軽井沢大日向の家」「善了寺 聞思堂」のストローベイル・ワークショップの指導と藁積み、左官工事を担当。現在はスローデザイン研究会の他、「日本大学糸長浩司研究室(建築・地域共生デザイン研究室)」研究生、「NPO法人エコロジー・アキスケープ」会員、「日本建築学会」会員、「NPO法人日本民家再生協会」会員、「日本萱葺き文化協会」会員、「日本バウビオロギー研究会」会員、「ナマケモノ倶楽部」会員。滋賀県の小林隆男氏の下で左官技術を修練中。

ブログ 「百姓 Hyakusho」 >>

粕川 幸恵 Kasukawa Yukie

建築設計・監理の補佐として携わる。二級建築士。
東京在住。

大岩剛一氏設計監理「藁舎 (わらや)」のワークショップに参加。主に土塗り作業を体験。

地域の方を始め多くの方と集いながら、家作りに関われたことに感動するとともに、ストローベイルや土など、古くて新しい素材を使った家づくりに興味を持つ。

戸塚の「善了寺 聞思堂」では現場監理の補佐として7ヶ月に渡って関わりました。

中村 愛 Nakamura Ai

1981年生まれ。滋賀県在住。
成安造形大学にて建築やプロダクトデザインを学んだ後、デザインディレクターの仕事に就く。

退職後は趣味で始めた粘土でつくるフェイクスイーツの教室を開いたり、手作り市に参加したりと、人との繋がりに楽しみを感じています。

スローデザイン研究会では、取材や編集、Webの更新を担当。
見て、聞いて、感じたことを伝えていきたいと思います。

和久 愛子 Waku Aiko

Waku Aiko琵琶湖のほとり在住のソーシャル・フリーランサー。
クリエイティブ系なんでも屋「ワクワク・クリエイション」代表。

モノを買い与えられず、なんでも自分で作る子供時代を過ごす。究極のモノづくりとして「家づくり」に興味を持つが、化学物質への過敏傾向と環境負荷への疑問から、モノを生み出さない美術理論やウェブの世界へ。2003年、西陣SOHO町家の一室を仲間とセルフ・リノベーションし、住空間づくりに魅せられる。2005年、スローカフェのウェブサイト制作でスローデザイン研究会と出会う。環境と共生する住の可能性に目を開かれる。スローデザイン研究会ではウェブ制作・管理を担当。

2009年「スロービジネス見本市」にてスロービジネス・モデル「住からの自由」と“25条ハウス”のコンセプトが一位獲得。近年はスロー関連のウェブや冊子制作、エコ系イベント出展やワークショップ等を行う。2010年より琵琶湖のほとりのスローカフェにてカフェ・ディレクター。

「スロービジネス・スクール」所属。「株式会社おかげさま」社員兼役員。「ナマケモノ倶楽部」会員。「自然住宅情報ひろば」会員。

ワクワク・クリエイション >>

オルタナティブ・コレクティブカフェ「ほとり・ポトリ」@近江舞子 >>

渡邉 由里佳 Watanabe Yurika

渡邉 由里佳(わたなべ・ゆりか)

スローデザイン研究会とスロームーブメントとのつながりをささやかに担当。

環境文化NGO「ナマケモノ倶楽部」理事。全国初のストローベイルカフェ「カフェスロー」(ナマケモノ倶楽部関連企業)に設立当社より運営に関わり現在に至る。

ストローベイルを内装にしているカフェスロー。人にそっと寄り添い、まるでお母さんの胎内にいるような優しさ、温かさ、そしてしなやかさを発するストローベイルの力をカフェにて日々実感。

2人の娘の母。

カフェスロー >>